sonrakuのFacebookページへいく

をおこし
地域
をあげる

sonrakuのFacebookページへいく

コージェネレーションシステム事業

弊社では、小型の木質バイオマス発電(分散型の熱電併給システム)(以下“CHP”=Combined Heat and Power)=を活用したビジネスモデルを、全国に展開したいと考えています。

CHPは、コンパクトな規模(1台あたり40〜50kWの発電で年間の森林利用料が約500㌧)からでも運転が可能なため、地域の森林資源を持続可能な範疇で活用することが出来ます。地域に眠る価値化されていない資源の活用により域外流出する資金を抑制し、新たな雇用や産業を創出することで、地域における内部経済の循環にアクセルすると共に、分散自立型という特性も活かし、災害時におけるブラックアウト(電源喪失)への備えとすることも可能な画期的なモデルです。

コージェネメイン画像
READ MORE CLOSE

熱電供給

欧州ではCHP(Combined Heat & Power)日本ではコージェネレーションシステムと呼ばれるこのエネルギーデザインは、家庭や工場など多様な場所で利用が進んでいます。

Volter40はバイオマスを利用するため、エコと経済性を両立。そのコンパクトな設計により、さまざまな場所に設置でき、熱利用と発電を同時に行うことができる画期的なシステムです。

弊社では、全国で下記のような、ニーズをお持ちの方からの問い合わせを、お待ちしております。まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。

  • 地域の森林資源のより積極的な活用法を考えている企業や自治体など
  • 地域の森林資源を活用した、新たな産業の創出など、まずは資源量調査などコンサルティングを希望される自治体など
  • 事業を通じた社会や地域に貢献をしたい企業など
  • 灯油や重油など石油由来の化石燃料を大量に使用した事業をおこなっており、より環境に優しく、経済的で地域の活性化にもつながるエネルギーに転換したい企業など
  • 森林資源の活用と保全を両立させ、地域の林産業や木材産業を活性化したい地域など
  • 温浴施設や食品加工業、製材業など大量に熱を利用する企業で、より経済的な燃料に転換したい企業など
  • 地域資源を活用した新たな産業や雇用の創出となど地方創生に取り組む自治体など
  • 地域資源を活用し自立した電源や熱源を確保して、地域の防災・減災、安心安全なまちづくりに取り組みたい自治体など
  • 地域を元気にする社会的インパクトのある事業に対して投資、出資をしたい団体・法人・個人など

宿泊・温泉事業

地域の森林資源を活用して、薪ボイラーによる温浴施設への熱供給により「熱」をコンセプトに、岡山県西粟倉村のあわくら温泉で、ゲストハウス「元湯」を運営しています。

また香川県豊島の「mamma」では、離島における今後のエネルギーのあり方等の課題にも向き合い、温浴施設・宿泊施設をの運営をしています。

▲ 「元湯」のHPを見る

▲ 「mamma」のHPを見る

熱供給事業(西粟倉村)

製材所で出てしまう端材、山から下ろされたC材*を有効活用してそれらを薪やチップにし、ボイラーで燃焼させることで地域の人々に熱(給湯、暖房)の供給を行なっています。西粟倉村では、2014年より温泉施設に向けたバイオマス熱供給(薪)、2018年からは村の地域熱供給事業(チップ)の運営も担っています。

*木材を品質(主に曲がりなどの形状)や用途によって分類する際の通称

  1. A材は直材で建築用材、家具材など
  2. B材は小曲がり材で土木用材など
  3. C材は大曲がり材で集成材、合板用材、チップ材(製紙用・エネルギー用)など
  4. D材は伐採・造材の際に発生する端材でチップ材など
READ MORE CLOSE

薪ボイラー / Log boiler

あわくら温泉三湯(黄金泉、元湯、あわくら荘)のすべてに薪ボイラーが入っており、それぞれのボイラーへの薪投入、薪の運搬、ボイラーメンテナンス、灰清掃など行なっています。

薪づくり

あわくら温泉三湯は、年間約1,300m3の薪を使用します。スタッフ4名で、薪をつくりながら、薪ボイラーの運営を行なっています。

〒707-0504 岡山県英田郡西粟倉村長尾657-1
美作東備森林組合西粟倉事業所の土場の一部

コンサルティング事業

バイオマス事業や、宿泊温浴事業、地域おこし協力隊制度を活用した事業経験をもとに、全国の地方自治体、および民間企業に向けたコンサルティング業務を行っています。

READ MORE CLOSE

sonraku 会社概要

弊社は、2012 年に岡山県で生まれ、2020 年10 月より9 期目を迎えています。現在は、岡山県西粟倉村での木質バイオマス事業を中心に行なっており、村役場によって整備されたバイオマス施設において、資源調達、燃料の加工・保管・運搬、ボイラーへの投入およびメンテナンスをワンストップで行うことで、安定したバイオマス熱供給を実現しています。

また、このバイオマスボイラーの導入されている施設の1 つとして「あわくら温泉元湯」があり、この施設のゲストハウスと温浴施設の運営も担っています。これはエネルギー分野に関わる人々だけでなくより多くの皆さまが、この施設の利用を通じて、エネルギーのことを知り、体感し、持ち帰っていただくことを目的としています。

さらに、今後は、小型の木質バイオマス発電(分散型の熱電併給システム)を活用したビジネスモデル(コージェネ事業)を、全国に展開していく計画をしています。地域に眠る価値化されていない資源の活用により域外流出する資金を抑制し、新たな雇用や産業を創出することで、地域における内部経済の循環にアクセルすると共に、分散自立型という特性も活かし、災害時におけるブラックアウト(電源喪失)にも備え地域の安心安全にも貢献します。

会社名

株式会社 sonraku / sonraku Inc.

本店所在地

岡山県英田郡西粟倉村影石2050

メール

info@sonraku.jp

電話

050-7103-6009(代表・総務)

代表者

井筒耕平

事業内容

バイオマス事業・宿泊温浴事業
・コンサルティング事業

資本金

400万円

沿革

2012年

村楽エナジー株式会社設立

2014年

西粟倉村へ本店移転し
バイオマス事業開始

2015年

あわくら温泉 元湯オープン

2017年

豊島 mamma オープン

2018年

株式会社 sonraku へ名称変更

井筒耕平 Kouhei Izutsu

代表取締役/CEO

1975生まれ。愛知県出身。環境エネルギー政策研究所、備前グリーンエネルギー(株)、美作市地域おこし協力隊を経て、2012年(株)sonraku(旧村楽エナジー)代表取締役就任。博士(環境学)。

「地域の自立に向け、火を起こす存在となり、暮らしに寄りそった湯けむりのように。」をコアバリューとして、宿泊施設を中心とした地域の再生を手がける。主に、岡山県西粟倉村で「あわくら温泉元湯」とバイオマス事業、香川県豊島で「mamma」を運営しながら、再エネ、地方創生、人材育成などの分野で企画やコンサルティングを行う。共著に「エネルギーの世界を変える。22人の仕事(学芸出版社)」「持続可能な生き方をデザインしよう(明石書店)」などがある。

中嶋謙仁 Noriyoshi Nakajima

執行役員/COO

1970年 神戸市生まれ。オーストラリアから帰国後、 ANA セールス株式会社(旧:全日空ワールド株式会社)、Star Cruises Pte, Ltd. (Norwegain Cruise Line)日本支社マネージャー職を経て、2008年に社会起業家を目指し、家族とともに石川県へ移住(Iターン)、農業関連ビジネスに携わる傍ら、農林水産省や環境省の事業で、過疎高齢化の進む中山間地での課題解決に携わる。2013年「未来の暮らしデザイン研究所」を設立(2015年に法人化) 、2018年 石川県の学校法人で統括園長に就任、教育改革に携わる。退任後、2020年4月より現職。NPO教育支援協会理事。

お問い合わせ

    お名前

    会社名・自治体名

    メールアドレス

    電話番号

    お問い合わせ内容